鳥山牧場の赤城和牛 安全安心のトレーサビリティ

鳥山牧場

安全安心のトレーサビリティ

私たちは取り扱うすべての牛の、過去20年分の生産履歴を記録・保管。
4世代分の血統や生年月日・生育記録から食肉加工にいたるまでのデーターを、よりよい牛づくりのために役立てています。

耳標装着

生まれたすべての牛に、10桁の個体識別番号が印字された耳標が装着されます。

個体別生産カルテの
データベース化

1頭1頭の牛ごとに、4世代分の血統交配や性別・生年月日等の基本情報、出生時体重や初乳の飲み具合から、どの餌をどの位食べたの等の生育記録、食肉加工後の等級や歩留まり・旨味数値や肉の匠の所見まで、すべてをデータベース化し管理しています。

流通過程の記録管理

牛肉は、枝肉→部分肉→精肉と加工され流通していきます。取引の各過程で、個体識別番号がキーとなり、と畜場(もしくは食肉処理場)や販売先業者等は記録され把握管理しています。

購入商品の情報追跡

お客様が購入された牛肉商品は、個体識別番号を入力することで生産履歴を調べることができます。